空気を読んでいたら、ただの中古車査定になっていた。【保存用】

人気記事ランキング

ホーム > 資格 > ケアマネの試験に合格するためのコツ

ケアマネの試験に合格するためのコツ

ケアマネは正式名称を介護支援専門員といい、要介護者やその家族から介護についての相談に対して適切なサービスが受けられるように介護サービス業者や関連施設などの間に入り橋渡しをする役目をもつ公的資格です。

 

日本の深刻な少子高齢化に伴って介護を必要とする高齢者は年々増加していることから、効率的なケアプランを立てることのできるケアマネの存在が広く求められています。

 

ケアマネの受験資格は医師や看護師、社会福祉士や介護福祉士などの医療・介護系の職務に5年以上もしくは900日以上従事していることが必要となります。

 

ですのでケアマネの試験対策にあたって医療や介護の知識についてはすでに持ち合わせているため取り組むやすいともいえます。

 

これらの受験資格を満たしたうえでケアマネになるためには介護支援専門員実務研修受講試験にて介護支援分野25問、保健医療福祉サービス分野35問のうちそれぞれ7割前後の正答率で合格することができます。

 

さらに実務者研修を受講して晴れてケアマネになることができるのです。試験自体は5つの選択肢の中から2つもしくは3つの正しい答えを選択する方式ですべてマークシートになっています。

 

近年の合格率は約15~20%で推移しているため早めに過去問題等に取り組んだほうがよいでしょう。