変形性膝関節症に限らず、膝関節に何らかのトラブルが生じている場合、膝関節の伸展制限(屈曲拘縮)が認められることが多い。膝関節の伸展制限は膝関節のアライメント不良による痛みを引き起こすとともに、下肢の動きを制限させ、QOLを著しく低下させる。従って膝関節に伸展制限が生じている場合は、まずは何よりそれを改善することが重要となる。特に変形性膝関節症の場合、ほとんどのケースで膝関節の軽度伸展制限(屈曲拘縮)が認められることが報告されている。ちなみに、変形性膝関節症の治療として保存的治療が適応される場合には、大腿四頭筋の筋力強化が標準的治療法として用いられ、その効果が認められている。

しかし、大腿四頭筋の筋力を強化しでも、膝関節の伸展制限が解消されることはなく、膝関節の伸展制限を改善する明確な効果を持つ方法は、まだ明らかにされていなし、。膝関節の伸展制限が生じる原因は、関節構成組織の拘縮よりも、膝関節に関与する筋の柔軟性が関与していることが多い。このことから、膝関節の伸展制限を改善するためには筋の柔軟性を高めるストレッチングが有効な手段になるのではないかと推察される。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です